引越し業者 市川

引越し業者を市川で探すならこちらが安い!

引越し 市川市 料金

引越し 市川市 価格

引越し 市川市 相場

引越し 市川市 最安値

引越し 市川市 見積もり

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。
でも、電話帳やインターネットで調べると市川市だけでも30件ほどヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から最大で10件を選んで見積もりを取ることができます。

 

 

引越し 市川市

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。

 

サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越し業者の繁忙期とは?

 

引越し 市川市 繁忙期

 

3月は引越しの繁忙期です。
細かく言いますと2月の終わりから4月の頭までが繁忙期です。

 

どうして3月が繁忙期なのでしょうか?

 

それは4月の新学期から新しい環境に飛び込む人々が引越しするのが3月に集中するからです。

 

大学受験を終えた新大学生・就職活動を勝ち抜いた新社会人が新生活の準備のために一人暮らしをしたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居したりと引越しをするのです。

 

さらに日本の企業は全国展開しているところが多く、春と秋に人事異動があります。
春の人事異動がちょうど4月をスタートにするため、やはり3月に転勤・単身赴任のサラリーマンが移動します。

 

これに通常の引越しも加わるわけですから、3月の引越しは繁忙期となるのです。

 

繁忙期には引越し業者もスタッフを増員したり、残業したりして、何とか仕事をこなそうとしますがそれでも間に合わない日もあります。
場合によっては、予約を受け入れてもらえないこともあります。

 

もし繁忙期に引越しするのなら、引越し準備は早めに行ってくださいね。

 

こんなわけですから、繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのも納得です。

 

 

引越しのおおまかな手順を把握しよう

 

引越し 手順

 

引越しには多くの手順があって途中で息切れしてしまいがちです。
最初にどんなことをするのかだいたい把握しておきましょう。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者を早く決めたい気持ちはわかりますが、引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わるんです。
ということは、まず新居が決まらないと正確な引越し費用が見積もりが出せません。見積もりが正確でないと業者を選ぶことが出来ません。

 

引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐがオススメです。

 

荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、当然引越し費用が高くなるのです。
引越し前に不用品はどんどん処分して荷物を減らし、使わないものからどんどんダンボールに梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出します。転出届は引越しの2週間前から提出することができます。
うっかりして出し忘れると提出しに前の市役所に戻るか、役所に連絡して郵送してもらって記入後に送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

引越しの2〜3週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらう手配をしましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話で連絡をしてくださいね。

 

もし新居が同一市内なら、引越し日からは新居でも電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

さて引越ししたら郵便物が届かなくなったのでは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に「引越ししました」という連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして家具家電の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いて渡しておくと便利です。

 

注意すべきことは貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだほうが良いということです。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、自分で管理して大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなら転入届を提出しましょう。
これで選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
急ぎではないもののあるのですが、大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになりますから、忘れないうちに行ってください。

 

 

引越し業者のオプションとは?

 

引越し オプション

 

引越し費用は人件費と交通費とオプション費との合計となります。
引越しスタッフにかかる費用が人件費、トラックやガソリン代が交通費というのはわかりますが、オプション費って一体何でしょう?

 

引越し業者の行っている有料のオプションサービスは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

このようにオプションとは、必要な人だけがそのサービスを選んで引越し作業の内容をカスタマイズできるものです。

 

この中で依頼が多いのはエアコンの移設です。

 

エアコンと室外機とは配管で繋がれていますから、電気屋さんでないと取り外したり取り付けたりすることが出来ません。
しかし旧居で1回、新居で1回の計2回も来てもらう必要があるので、手配が面倒なんです。
その面倒な手配を引越し業者が代行してくれるのが、エアコン移設のオプションサービスです。

 

ピアノは重くて大きくて高価な楽器ですから、破損を恐れて扱わない引越し業者もあるほどです。
オプションでピアノの運搬をチェックして一括見積もりをしておけば、ピアノの運搬の扱いがある引越し業者を選択して見積もりを取ることができます。

 

車の陸送ですが、運転が得意な人はたとえ遠くても自分で運転して運ぶでしょう。
しかし普段高速に乗らないかた、あまり運転が得意ではない方、妊娠中や小さい子がいる方などで遠距離引越しの場合は車の陸送ができないこともあります。そういう方には重宝されるサービスなのです。

 

 

引っ越し用のダンボール

 

引越し ダンボール

 

引越し作業では大量のダンボールが必要です。
みなさんどうやってダンボールを調達しているのでしょうか?

 

引越し業者に依頼する場合は契約時に大量のダンボールをプレゼントしてくれる所が多いので、これだけで足りれば何も問題ありません。

 

しかし家族で引越しする場合は洋服だけでも何十箱になることもありますし、もともと本や漫画、ゲームなどが多いご家庭はかなり沢山のダンボールが必要になるので、引越し業者にもらった分だけでは足りなくなることもあるのです。

 

ダンボールが足りなくなったり、そもそも引越し業者に依頼しない引越しの場合は、自分で何とかしてダンボールを調達しなければなりません。

 

そんなのスーパーで貰えばいいじゃないかと思われるかもしれませんが、今は昔とはちょっと事情が違います。

 

以前はスーパーで貰うことが出来ましたが、今はレジ袋の有料化に伴ってダンボールの持ち帰りを制限するスーパーがあります。
スーパーで貰えない場合はドラッグストアなどでも聞いてみましょう。

 

どうしても無料で貰えるところが見つからない場合は、有料にはあなりますが購入しましょう。
引越し業者に追加購入できないか聞いてみるか、近くのホームセンター、インターネットなどで購入することができます。

 

ダンボールは大きい物よりも持ちやすいサイズ、丈夫な素材に注意して底が抜けない工夫をしてくださいね。
クラフトテープよりも布製テープのほうが強度が高く、さらに十字に貼ることで強度が増しますのでオススメです。
そして作業の効率アップを考えて、何が入っているのか外からもわかるようにマジックで書いて下さいね。

 

 

引越しと訪問見積もり

 

引越し 訪問見積もり

 

引越し業者に見積もりを取る方法は、ネットからの一括見積もりが便利ですね。
今や主流となっています。

 

しかしちょっと前までは、家まで来てもらって行う訪問見積もりが主流でした。
いまはもう訪問見積もりをする人は全くいないのでしょうか?

 

そんなことはなく、実は今でも訪問見積もりをする人は結構います。
なぜなら一括見積もりよりも金額の見積もりが正確だからです。

 

引越しで運びたい荷物の量や持っている家具や家電を確認し、物件の階数や廊下や階段の幅、エレベーターの有無、トラックを停める駐車場の場所なども情報として必要です。
これらはネットからの見積もりでは正確に把握できないものです。

 

でも一度来てもらうことで金額はかなり正確になりますから、引越し当日に追加料金が発生するようなトラブルの回避になります。
本が多い服が多い、物件が狭い、大きな家財がある、ベランダから出さないといけないものがあるなどネットでの見積もりが不安な方もいると思います。

 

引越しにいろいろと心配な方は、訪問見積もりを予定しておくのがいいかもしれません。

 

 

引越するときの会社の選び方

引越しするときの会社の選び方は、人によって違いますね。
  大きく分けると、
  1.お金は多少かかってもいいから、仕事をしっかりしてくれる会社を選ぶ人。
  2.とにかく安くやってくれる引っ越し業者を選ぶ方。

 

評判を調べてみるとわかりますが、どの会社を見ても、
よい評判だけという引っ越し業者さんはないですよね。

 

だったら、
安く引っ越しをしてくれるところを見つけてから選ぶ
のが良いのではないでしょうか?

 

安くて作業をしっかりしてくれるのに
知名度がない引っ越し業者はたくさんあります。
もったいないですよね。

 

=>そんな引越し業者は一括見積もりで見つかります

 

 

引越しのおまかせってどんなの

 

引越しは何度やっても大変ですよね。
食器から衣類、小物、本など細々したものや大きなものまで考えたらため息がでてしまいます。
しかも小さな子供がいたり、毎日仕事で忙しく時間がない方や逆に、老夫婦だけ暮らしの方など引越しの準備は一苦労です。
そんな方にお勧めなのが、引越しのおかませパックやらくらくパックと呼ばれるものなんです。
この引越しおまかせの基本は荷造り・梱包・搬出から搬入・セッティング・荷解き・片付けと業者が行ってくれます。
食器や小物、書籍など大きな家具はもちろんのこと全て梱包まで業者がしてくれます。

 

市川ただ、貴重品や下着など触ってほしくないものは自分で行うようです。
また梱包の祭にも引越し後、すぐに使うものなど作業員だけでは判断することができません。
食器、小物や衣類の梱包や引越し先の荷解き(部屋ごとや引き出し、棚ごと)は作業員が全て行いますが、梱包や荷解きの指示はしなくてはいけません。
作業員はあるもの全てを梱包しますから、ゴミや不要品などはあらかじめ処分しておくか、分けておく必要がありますね。

 

しかしながら、このような注意点を気をつけていれば、引越しのおまかせは通常の何倍もラクに引越しができるのは間違いないでしょう。
引越し業者によっては更にきめ細かいサービスもありますから、比較してみるといいですね。

 

千葉県市川市
行徳駅前 高谷 国府台 妙典 市川 曽谷 湊 宝 相之川 中国分 大町 幸 二俣 田尻 塩浜 富浜